瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 手作りヤエン > 自作ヤエンが完成

手作りヤエン

自作ヤエンが完成

 

初めて自作ヤエンが完成した。

 

またバランス調整と発光ライト取り付け部分の行程を残してはいるが。

 

2日に分けて作成し、のべ5〜6時間かかったと思う。

 

徳島の釣り仲間に本人登場の雑誌の切抜きを送ってもらったことは紹介済み。

 

彼の設計図に基づいてマネをして作ってみた。 最初の作品が跳ね上げ式ヤエンなのでちょっぴりレベルが高いか。

 

%BD%E9%C2%E5%A4%CF%A4%CD%BE%E5%A4%B2%A5%E4%A5%A8%A5%F3%B4%B0%C0%AE.JPG

 

全く同じ材料は手に入らなかったがほぼよく似たカタチに仕上がったと思う。

 

バランス的にはまだまだ未完成といわざるを得ないが。

 

ローラーは子供のミニ4駆に使っていたローラーなのだ。 ローラーの幅が狭いので道糸がローラーの溝から外れないか気になるところである。

 

思い返せば、得意なはずの半田付けでつまづき挫折の繰り返しだった。

 

半田とフラックスがステンレス専用でなかったというだけで・・・。

 

半田がつかなくて熱を加えすぎて市販の組み合わせの針を何セットもバラバラにしてしまった。

 

%A5%D0%A5%E9%A5%D0%A5%E9%A4%CE%BF%CB.JPG

 

今回、そのバラバラの針を組み合わせてみた。 さすがにこれは専用の治具を考案しないときれいに仕上げるのは難しい。

 

ウキのゴムに爪楊枝を差込みその隙間に針を固定して半田付けしてみた。 仕上がりがりは とても汚い。

 

針先が悪くなったときに修理用の針にしようかな。 針がイチバン高いから。

 

%BF%CB%C1%C8%A4%DF%CE%A9%A4%C6.JPG

 

ま 半田付けは昔仕事でやっていたので得意分野であり 感覚も戻ってきた。

 

普通なら銅線で縛って固定してから半田付けするような行程でも銅線なんか使わなくてもスイスイ半田付けできてしまう。

 

ただ銅線で補強しておかないと強度的には弱くなるかも知れない。

 

 



手作りヤエンのサイトを新しく作りました。

アオリイカ用ヤエンの作り方