瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2011年 > 20110323 釣行記 渓流釣り

2011年

20110323 釣行記 渓流釣り

20110323 釣行記

震災に考慮してしばらくアオリイカヤエン釣りを自制しています。

餌の鯵も入荷しないのでアオリイカヤエン釣りにはしばらくいけそうもない。

そこで得意の渓流釣りに行ってみました。

 

渓流が護岸工事等でどんどん破壊されていき大好きな渓流釣りも自制せざるを得なくなっておりました。

2009年度は一度も渓流にいきませんでした。

2010年度もやっと1回いったきりでした。

 

震災の影響がなければ今年も渓流釣りは1〜2回行けばいいところだったでしょう。

 

渓流釣りはいつもなら夜明け直後をメインに狙うためこの時期では深夜3時4時に起床して日の出1時間前には現場へ到着するというスケジュールですが。 そこまで気合を入れての釣りはしたくない。 したくないというか体力的に負担がかかるから楽したいだけ・・・。

 

前日会社帰りに餌の仕込みに釣具屋さんに道草。 釣具屋さんをゆっくり見るとあれもこれも欲しくなるので、目的の餌以外には目もくれず。ポイントが使えるけど目もくれず。餌のミミズを1箱仕入れ 380円。それのみ。

 

平日とはいえ釣具屋さんの駐車場があまりにも閑散としているので店員さんに余計な一言。

「震災の影響でお客さん減ってますか?」

「地震がまだまだ続いているので海釣りのお客さんが激減して・・・」

とうなだれておりました。

 

釣具屋さんも震災の影響で業績不振になっていますね。

 

ということで前置きが長すぎましたが、いつもの仕事の時間と同じ時間帯に起床してのろのろ出発です。

9時前出発11時すぎ到着。 遠い山はキレイな雪景色。思わず見とれてしまいます。

y33.jpg

ヤバい 風が強烈

 

天気は曇り晴れ でまあまあなんだけど 前々日の雨のあとだから まだ低気圧が通り過ぎているのか。

 

軽い仕掛けで流す渓流釣りは風が強いと仕掛けを思うところに入れられないし思うように仕掛けを流せない。 しかし今更天候を嘆いてもどうすることもできない。

 

一番釣れない時間帯の正午前後だけど第一ラウンドとしてスタート。 案の定 風で仕掛けが思うところに振り込めない、流せない。 こんな釣れない時間帯に来たことを後悔する。

 

夜明け前到着しての朝マズメスタートなら一投目で釣れることも多いし数投目で釣れることもある。 早い時間帯に釣れるとボーズ逃れから安心感が込み上げてくる。

 

最初の一尾がなかなか釣れないと今日はひょっとしてボーズかというマイナスイメージが邪魔をする。

 

おもりをもう一個追加して 深みに沈める。釣れない。 餌を新しく交換してみる。

 

え“ 一発できた!!!

 

といっても当たりがわからなかったけど。

 

そろそろきてるかもという聞き合わせで何か動いている そんな感じ。 でもそこそこ重量感がある。 底のほうで のたのたしている これはある程度の大きさがある証拠だ。

 

慎重にやり取りする。 上がってきたのは イワナだ  なんだ イワナか どううりで のたのたした動きだ。

 

 しかし まあまあの良型 取り込みはスリル満点  渓流釣りの醍醐味を味わえた。 水面を切らないように慎重にやりとりして岩をかわしながら玉網で取り込んだ。

 

 

y35.jpg

ばりばり サビが残っている サビはもう取れてるだろうと思っていたのだが今シーズンは寒かったからかな。

 

その後も当たりが全く無く どんどん上流へ移動する そろそろこれ以上上流に進めなくなるところでゲット。 これもなかなかの重量感。 ほぼ同サイズのイワナだ。

 

y34.jpg

 

よく見ると スレだ

 

y36.jpg

 

針が胸びれにかかっている。 どうりでよく引いたよ。 ここで第一ラウンド終了 12時半。

 

雲が流れる 雲が近い

y37.jpg



y38.jpg

 

車に戻ってランチタイム。 そして昼寝 別に朝早く起きたわけではないから昼寝することもないのだが、渓流で昼寝するとても気持ちいい。 2時間くらいはタップリと寝たと思う。

 

第二ラウンドは4時頃開始 移動するのがめんどうくさいので第一ラウンドとほぼ同じ場所を攻める。

 

そして第一ラウンドと同じポイントで同じサイズのイワナが釣れた。

y39.jpg

 

そして次は 第一ラウンドとほぼ同じ場所でイワナよりちょっと小さいけどやっと本命のアマゴが釣れた。

 

y40.jpg

なんとこのアマゴは尾びれが何者かに食いちぎられている。

 

第二ラウンドは第一ラウンドと同じ2匹で終了。

y41.jpg

 

そして小休止すると もぅ 17時半 ラストの第3ラウンドにかける。 

一番いい時間帯の夕マズメなんだけど。

 

昼前到着という横着なスタートだからツ抜けは贅沢というもの しかしツ抜けに近いところまで釣りたいなとは思っている。 またまた場所替わりが面倒くさいので同じところを攻める。

 

一度手応えがあったものの針がかりせずバラシてしまった。 第3ラウンドはゼロ引き。結局 一度も当たりを捉えることのなかった釣行だった。 しかし良型を4匹ゲット。ということは すべて勘で合わせている。

 

もう食ってるかも知れないからちょっと合わせてみるかという聞き合わせや仕掛けを上げてみると釣れていたという感じだ。

 

それも意識しているので針がかりさせたのだが、バラした一尾は意識してなかった為意表を突かれてバラしてしまった。

 

結局24センチのアメゴ1 26〜26.5センチのイワナ3 の合計4尾だ

y42.jpg

 

薄暗くなる18時過ぎまで粘って釣り場を後にしたが渓流魚の重量感ある手応えを十分堪能できた久しぶりの渓流釣りでした。

 

ありがとうございました。