瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2014年 > 明日は納竿の儀式

2014年

明日は納竿の儀式

 

2014年は最悪の年でした。

 

しかし、最後の望みをかけて12月30日納竿の儀式をしてきます。

師匠もあまり期待はしてないようですがとりあえず釣り人の性のような気持ちでしょうか。

 

釣れている情報はほとんどありません。

 

瀬戸内海の海水温が10度くらいまで下がってきました。

 

アオリイカの捕食水温は13度が下限とも言われています。

 

一説によると瀬戸内海のアオリイカが低水温をさけて太平洋側へ出ているのではと言われています。そのため、その移動するアオリイカの群れに当たれば大釣りできるとの噂です。

 

逆に群れに当たらなければアオリイカのあたりもないまま終わってしまう可能性も大である。

 

アオリイカも的水温を求めながらも餌を食べずには生き残れません。

 

ダメ元で師匠と遅い時間出発で行ってみます。