瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2009年度 > 日時 2009年 3月 5日 木曜日

2009年度

日時 2009年 3月 5日 木曜日

釣行紀

日時 2009年 3月 5日 木曜日

実際釣時間 14時半〜18時 半 

場所 徳島県海陽町

潮 小潮 

天候 曇りのち雨

月  半月だが雨

エサ 仕入 20匹 (0匹余り)

累計鯵購入数 105匹

あたり回数 17回 

08111%20008%B0%EB.JPG

 

釣果 4杯  1.3k 1.05k 0.7k 0.4k 

2009年累計  11杯

 

今回の釣行も師匠との都合が合わず単独釣行となりました。単独だと、行こうかやめようかとよく迷ってしまいます。 今回の2連休初日は特に迷いました。それというのも前回の当たり一度もなしという釣行の恐怖が邪魔するのです。 やめようと思っていましたが師匠から釣れてるよとの一言で行こうと決心しました。

 

ところが天気予報の雨が降り始めるのが21時からだったのが18時に変わっています。 一番いい時間帯 いわゆるゴールディンタイムから雨です。 暗い 寒い 雨 の3拍子が揃っています。 そこでまたやめようかと思いました。 しかし、今月半ばにお世話になっている釣り好きの叔父がくる。ぜひともキロオーバーを手土産に持って帰っていただきたい そう決心して雨覚悟でレッツゴー 

 

めちゃめちゃ前置きがロングになました。

 

いつものように10時前自宅出発。 今日は瀬戸内海静かです。海岸沿いにはちらほら釣り人が見えます。

 

 阿南市のスーパーで食料調達です。コンビニでなくてスーパーです。 そこの鮮魚売り場を覗きたいのであります。ここでアオリ一家が並んでいると釣れるというジンクスを勝手に作ってます。 今回はありました。 700〜900グラムクラスのアオリイカが2杯並んでいました 1500円台の値札がついていますが安いなと思います。

 

今日は釣れそう^^

 

 

スーパーの入り口にお遍路さんが立ってお経を唱えていました。よし、今日のランチは外食をやめておにぎりにして食費を浮かしてお遍路さんに施そうと思いました。ところが昼食と夕食を買い込んで入り口に戻るともうお遍路さんの姿はありませんでした。「善は急げ」ですね。なにか複雑な思いになりました。

 

いつもの餌屋には今日に限って電話せずに行きました。がぁ〜〜〜ん 今日にかぎって餌が全部売り切れてます。 しかたない、引き返して別の餌屋さんに行こうと思っていたら、仲間らしき漁師さんが今船そこまで帰ってきてるからちょっと待ちな といってくれました。

 

 ほっ

 

餌を売っている漁師さんによると今日にかぎって餌がガンガン売れる釣り人はわからないもんだね といっていました。がぁ〜〜〜ん じゃー釣り場が満杯じゃん!!

 

船で見てきたおおよその釣り場と、人数を教えてくれましたがかなり釣り場確保が厳しそう 前回はどこもがら空きで そしてボーズをくらったが・・・ 案の定、私が行きたかった釣り場はすべて満杯 しかたなく、前回ボーズの釣り場に行くと先客一人のみで置き竿があるだけ。ここでは、前回と同じパターンのスタートです。

 

 ほどなくかなりの高齢の人がすぐ隣で竿を出しました。仕掛けを投げ込むまで30分近くかかっていました。

 

14時前竿だしてランチのサンドイッチを半分食べたころ早くもアオリイカの当たりが・・・・ ところがヤエンにかからず・・・ヤエンには虚しくアオリイカのぬめりがべっとりと・・・ すぐさまかじられたままの鯵を再投入・・・・しかし、音沙汰なし。

 

するともう一本の竿に当たりが・・・ 今度はゆっくり食わしておこうと残りのサンドイッチを食べてからやおらヤエン投入 しかしヤエンが到達する前にアオリイカが離してしまった。 逆に長く食わしすぎか?

 

08111%20014%B0%B3%A4%AB%A4%B8%A4%E9%A4%EC.JPG

 

最初の竿の死んだ鯵にはもうこないので鯵を交換した。するとしばらくしてまた当たりが・・・しかしヤエンが到達するまでにアオリイカは離してしまう。 何度かそんなことを繰り返し、やっとゲットしたのは0.4kのアオリイカ。

08111%200130.4.JPG

 

その後もバラシが続き次に取り込んだのはかなりの良型。

 

ひょっとしたら自己記録の1.7k超えか 

 

とドキドキしましたがあとで測ってみると自己2番目の記録とタイの1.3kでした。 よし、これで叔父さんへのキロオーバーの手土産確保だ。

 

08111%200201.31.JPG

 

隣の高齢者にも当たりがあるがヤエンがかからず取り込めないを繰り返している。 その後もバラシが続き次に取り込んだのが、1.05k かろうじてキロオーバーでした。

 

  08111%200321.051.JPG

 

ここまではまだ明るいうちです。

 

暗くなってきて天気予報どうり雨がぱらついてきました。 そんなには寒くなかったけど雨に備えて防寒着Aを着込んでいました。防寒着Bでもいいくらいの気温でしたがBには防水機能がないんです。 ところが防水機能を過信してしまい袖口や長靴にはいった水が毛細管現象により下着に沁み込んできました。

 

久ぶりの雨天釣行だったので、そこんところの防水対策が甘かった。 暗くなってから0.7k

 

08111%200330.72.JPG

 

 を追加したが相変わらず当たりは途絶えないが、バラシの連続。 気がつくと残りの鯵は一匹になっていました。 雨風も強くなりもうここまでと思い最後の鯵を投げ込み片づけをはじめた。

 

すると隣の高齢者が帰るので残りの鯵をくれた。6匹。 それならもう少し頑張るか と思ったけど、濡れたからだがガンガン冷える雨は益々強くなり、波が荒くなってきた せっかくもらった鯵は全く手をつけずに海に開放。波ですぐに打ち上げられるがすべて再度海に開放した。

 

19時20分釣り場を後にして22時10分帰宅しました。

 

今回は室戸の名人の技を一つ試してみました。「道糸を張ってはいけない」今までは道糸を張っていました、緩んでくるとわざわざ張りなおしていました。 そのせいで当たりが途絶えなかったのかどうかはわかりません。 というのも隣の釣り人は道糸を張っていましたが、私と同じように当たりが途絶えなかったからです。

 

室戸の名人とは道糸の号数も違うので比較にはなりません。今度は道糸の号数を変えて試してみましょう。

 

キロオーバーもゲットしたし、「つ」抜けも果たしたしこんどは2キロオーバーと年間100杯ゲットを目標としましょうか 室戸の名人なら2~3回の釣行で軽々クリアーという数字です。

 

叔父さんへ キロオーバー2杯を手土産として用意しています。