瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2009年度 > 2009年 3月 20日 火曜日

2009年度

2009年 3月 20日 火曜日

  %BD%ED.JPG

日時 2009年 3月 20日 火曜日

実際釣時間 14時半〜21時半 

場所 徳島県牟岐町

潮 小潮 

天候 晴れ

 

月  無し (半月)

エサ 仕入 20匹 (10数匹余り)

累計鯵購入数 150匹

あたり回数 2数回 

 

釣果 1杯 0.32kg 

2009年累計  13杯

 

今回の釣行は家族サービス半分、自分の釣り半分、 ということで前半は室戸岬周辺を観光して後半はいつもの釣り場でアオリイカ釣り。

 

いつも自宅を10時前後に出るのと同じ時間帯の午後14時半ごろからアオリイカ釣り開始です。

 

%C5%F4%C2%E6.JPG

 

低気圧通過後でしたのでどこも風が強い。餌を買っている漁師さんによると昨日も誰も釣ってなかったとのこと。 釣り場は風が強いからなのか、月夜廻りでないからか、3連休の初日というのにほとんどガラガラ状態です。

 

風裏になる釣り場を選択したら前回と同じ釣り場となりました。誰もいないので逆に釣れる気がしなくなってしまいます。 案の定当たりもありません。

 

しばらく昼寝していて、目が覚めると鯵がはるか向こうの陸地付近に・・・ え これはまたトンビの仕業か。 ま、前回同様餌の鯵一匹のロスで助かりましてほっとしました。

 

そこでトンビ被害の死んだ鯵を使い直接道糸に鯵を結ぶ練習をしてみました。 そのために、捨てる道糸を用意していたのです。 いつもは昼間あたりがないため死んだ鯵が余るのは夜になってからなんです。 夜だと見えにくいし生きてる鯵だと激しく尾っぽを震わせるので慣れないと結びにくいからです。

 

鯵を直接結んだほうが針を刺すより鯵の弱りが遅いし弱ってもしばらく休ませることにより鯵の体力回復させることができるという。

 

その後、針ごと餌がなくなっている。フグの仕業か。

 

そこで、直接活きた鯵の尻尾を道糸にバカ結びでくくりつけてみました。 しばらくすると鯵がすっぽ抜けたのかいなくなっていました。トホホ。

 

やっぱりヨリモドシと針をつけていつものスタイルに戻しました。

 

最初の当たりは釣り開始から約4時間半後の19時ごろ、慎重に取り込んだのは0.32kgのチビスケでした。

 

  %A3%B0%A1%A5%A3%B3%A3%B2%A3%E8%A3%F0.JPG

 

かなり待ってなおかつゆっくりと引き寄せたためか鯵の影も形も残っていませんでした。 尻尾の先までも残ってなかったんです。

 

今回はヤエンの手入れは慎重にしてきています。 針先をヤスリで磨いで曲がったところは修正しました。道糸の触れる部分とローラー部分には念入りにワックスをかけました。 もちろん道糸にもコーティングスプレーを念入りにかけました。

 

そのかいあってか古いのんきヤエンで一発で取り込むことができました。ヤエンは気持ちいいほどスムースなすべりで海中に消えていきました。

 

その後アオリイカの当たりはピタリと止まり20時過ぎだったかな、餌を投げ変えようと竿を持つとひょっとしてという重さ。 前回同様、今回も流れ藻が道糸にからみ重くなることが多かったが、確かに生き物の動き。

 

慎重に竿を寄せるとやはりアオリイカがきている。しかし小さい。 少し引き寄せるとすぐに離してしまう。

 

ヤエンを投入したがかからなかった。 餌の鯵の首根っこだけがかじられている。 餌をそのまま投げ入れるがこない 餌を新しく交換してもこない そのままこない。

 

その後も、全く当たりがありません。今日はこれまで・・・止めようと決心して片づけを始めると21時半過ぎ、二人組みがやってきました。 そしていつの間にか向こう側の釣り場にも釣り人の明かりがチラホラ。

 

そうなると、これから釣れるのではと思うから不思議なもの。 しかし一度止めよう思ってしまうともうモチベーションの回復はありませんね。

 

やってきた釣り人に残りの餌をあげて納竿としました。

 

22時、星空の美しく輝く釣り場を後にしました。