瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2009年度 > その他の釣行紀

2009年度

その他の釣行紀



久々の日曜日の休日 

実は最近日曜日の休日はいらないと思っている だって日曜日は釣り場が混んでいるから。

 

だから釣りに行く予定にはしてなかったが、時間をもてあましたので夕方の2〜3時間 自宅近くで実感つぶしでもしようと気軽にルアーでも投げてみようかということでアオリイカのエギとシーバス用のルアーを必要最小限持ってミニバイクででかけてみた。

 

すると

 

 

自宅から一番近くの漁港の人があまりこないところでアオリイカを狙ってみたがなんの反応も無し。 さてどうするか。 一山超えて別の漁港へ移動するか。 今までちょっと気軽に自宅近くで釣りして釣れたためしがない。

 

そこで帰りがてら、いつもの犬の散歩である自宅から徒歩15分のとある河口でシーバス狙いに的を絞りルアーを投げてみた。

 

シーバス狙いといっても ロッドもリールもブラックバス用。 道糸は500mボビン巻の安価なナイロン糸2.5号 ハリスはフロロカーボンのトヨフロン1.7号 ルアーはチヌ用のポッパーである。

 

シーバス用のアイテムはなに一つもない 最初はブラックバス用の小さなクランクやミノーを投げていたが、水深1mちょいしかないということもありひょっとしてチヌもいるかも と思い チヌ用のホッパーを投げてみた

 

 着水して1〜2回ロッドアクションをかけてすぐにヒット。 なんの心の準備もしてなかったので まさか という思い しかしすごい重量感のある手ごたえ。

 

ルアーでシーバスを仕留めたのはこれでたったの2回目である。

 

しかし、前回の65センチとは明らかに格が違う重量級。

 

道糸ナイロン2.5号 ハリス フロロ1.7号 シーバスロッドに1500番の逆転ブレーキ無しのリール。 それでも不安はなかった。

 

今回は本気モードで臨んだわけではないがタックルバランスには自信があった。

 

やられる という不安はなかった。

 

ヤツは 何度も 何度もリールを逆転して道糸を引き出していったが自信を持ってやりとりできた 少しハラハラ感にかけたかもわからないかが、久々の大物との格闘を思い切り楽しんだ。

 

取り込みには10〜15分ぐらいかかったような気がするが実際はそれほどではないだろう。

 

今までの釣り人生の中では自己最高記録を更新した。

 

2009年度はアオリイカ2kジャストで自己最高記録更新チヌも46センチで自己記録2番目スズキはまだ4本目であるが65センチを更新

 

65センチはスズキと呼べるかどうか微妙だか74センチ3.8kなら堂々とスズキと呼んでいいだろう。

 

今まで四国各地の最先端へ釣行した 足摺岬、室戸岬、宇和海、西海、 しかし自己記録はなんと自宅からもっとも近い徒歩15分ミニバイクでたったの2〜3分くらいのところでゲットしたのであった。

 

タックル リールは小さな1500番です。

%A3%B0%A1%A6%A3%B1%A3%B3%B2%E8%C1%FC%201868.jpg  

オールドのボトルで比較 してみた

 

suzukikiroku.jpg

 

ルアーいろいろですがこの中にヒットルアーがあります。

さてどれでしょうか

 

%A3%B1%A1%A6%A3%B0%A3%B0%A3%B0%A3%B1%B2%E8%C1%FC%201860.jpg

 

釣れたルアー はこれです

%A3%B0%A1%A6%A3%B1%A3%B0%B2%E8%C1%FC%201861.jpg

 

日時 2009年 10月25日 日曜日

実際釣時間 16時〜18時半

場所 自宅から徒歩15分のある河口

潮 小潮

天候 曇り

ルアー 

あたり回数 1数回 

釣果 1匹

スズキ 74センチ 3.8k