瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2008年度前半 > 2008年5月9日

2008年度前半

2008年5月9日

釣行紀

日時 2008年 5月 9日 金曜日

実際釣時間 13時〜22時

場所 徳島県海陽町

潮 中潮 

天候 曇り

月  なし 三日月程度の月があったが雲で隠れている

エサ 20匹 (2匹余り)

釣果 0杯 

あたり回数 4回

 

いきたくてウズウズしてたのでいつもより2時間以上早く目覚めてしまいましたが、出発はいつもの出勤時間と同じというなんだかもたついた出足となりました。

今回の狙いは早めにスタートして自分の釣り場所を確保しておくということと、早めにスタートして昼間の釣果もねらおうという2つ目的がありました。

晴れ男伝説は健在で雨は降っていませんが北風ビュンビュンというよろしくない天候で風裏になる釣り場は限られています。 餌を買うとき漁師から確認した風裏になる場所はいうとおりでほとんど風の影響をうけない場所でした。

 

竿を出したのは13時前。はるか離れた磯場には一人いるにはいるが先客は誰もいない ほとんど独り占め状態です。 ラッキー 今日は好釣果が期待できそう。♪ ただ13時頃は干潮の干底前後の時間帯でして、「ほんだわら」でしょうか海草があたり一面に顔をだしています。

 

 最初はまたちぎれた海草が流れてきていると思い、前回のようにギャフで取り除く作業をしなくてはいけないのかと思いましたが。 この海草にアオリイカが産卵するためやってくるのでしょう。 広い釣り場独り占めでも釣りができる場所は極わずかです。

 

とりあえず一本の竿を投げ込みましたが、干底状態では海底の障害物に引っかかり餌の鯵を消耗してしまうばかりです。 さてどうしようか、場所替しようかどうしようか攻めあぐねていたところへ師匠から電話が。

 

この場所は干潮時は根がかりはやむを得ず、潮が高くなるのを待つしかないということでした。 師匠もこんなときはビールでも飲んで昼寝をして時間待ちだそうです。

 

私もビールを飲んで昼寝をすることにしました。

独り占めの渚をのんびり過ごしていましたが、肝心の夕方、今度は餌取り名人のフグに悩まされることとなりました。 これから迎えるゴールディンタイムを前に20匹用意した餌の活き鯵は早くも半分に減ってしまいました。

 

そして迎えたゴールディンタイムの19時〜20時。全く反応なし その後アオリイカらしい餌の取られ方が2度あったがいまいちよくわからないまま時が過ぎた。 そんなころ心配してくれた師匠か2回目の電話。 いろいろアドバイスを受け一つずつ実践してみた。

 

 鯵が海面に浮くだろうという。 全くその通りでした。どうもこの時期鯵が浮くというのです。 浮いていてはアオリイカが釣れません。なんとか潜ってもらわなくてはなりません。 師匠がいうように鯵のお腹の辺りを指でしごいて空気を抜いたり、ウキ袋あたりに針を刺して空気抜きをしてみたり。どうしてもダメなのでオモリをつけてみたり、鯵を交換してみたり。

 

師匠もよくわからないそうですが、胸鰭か腹鰭をはさみで切ると鯵が浮き上がる泳ぎができなくなるので沈むそうです。 今度明るいうちに試してみようと思います。

 

それらしいあたりもないまま今日はもうダメだと諦めることにしました。21時に納竿することとし10分前にそれぞれの竿の餌を新しく付け替えて最後と願いをこめて投げ込んだ。 この時点で残りの餌はわずか4匹となっていた。

 

道具類を片付けて荷物を整理した。 そして21時 自分から遠いほうの竿から納竿しようと竿を引き上げると・・・・

 

その瞬間だった!!

 

なんとアオリイカの重みが・・・ これはやった とかなりあせった。 あせっているのが自分でよくわかる。 冷静にと自分に言い聞かせながら自分では落ち着いたつもりで竿をあおると急に軽くなってしまった。アオリイカが餌を離してしまった。

 

追い食いを誘うためすぐさまその餌を投げ込むが反応なし。 前回はそれで上手くしとめることができたのだが。 急いで新しい餌に付け替えて投げ込む。 冷静さをよそおって別の竿の様子を見に行く。変化なし。

 

そして戻ってくると今度こそ確かにアオリイカが乗っている。 重みからしてキロクラスはある。少なく見積もっても0.6kはある。 今度こそ、やったと確信した。

 

ところがこんな大事な瞬間横風が急に強くなり、おまけに雨交じりとなってきた。まるでドラマのクライマックスではないか。 テーマ音楽もハイテンションで流れてきそう。 そこで落ち着きをよそおい前回活躍した信頼のおける「のんきヤエン」を投入 前回よりすべりが鈍いがそれでも海中に沈んでいった。

 

ころあいを見計らって大きく竿をあおってあわせを入れた

 

あっ!! 

ところがこの瞬間すっぽ抜けてしまった。あわせのタイミングが早すぎたか、ヤエンに取り付けた発光ライトに警戒したのか すぐにヤエンを外して再投入しようとしたがあせっているのでなかなかヤエンが道糸からはずれない。

 

この「のんきヤエン」の取り付けは問題ないが外し方をイマイチマスターしてないのだ。 しかたなく道糸を切って取り外し再投入したがアオリイカの反応はない。 雨風がだんだん強くなりカッパを着なくてはと車まで取りに戻り準備をしたがその後反応なし。

 

そのまま時間だけが過ぎていく。 22時釣果ゼロのまま納竿とした。 残りの餌は2匹だった。 ここまで餌を使ったのは初めてだ。おまけに釣れてなのに。

 

今回わかったこと

 

1 自分の休日の都合で釣行しても自然はそんなの関係ない

2 自分がやったと確信したときには自分の油断に気づいていない

 

自分の休日の都合で釣行しても自然はそんなの関係ない 事前に気象条件・潮の干満時間などを調べて優先させるべき

 

自分がやったと確信したときには自分の油断に気づかない相手の動きに合わせて慎重に。常にお客様のニーズに合わせてないとビジネスが成立しないみたいな

 

22時30分エンジンをかけて130kmの帰路についた。 とたんに雨は大粒になった。 釣り場では、雨は降ったもののカッパを着込むほどではなく晴れ男伝説だけはしっかりいきていた。

 

道中の車では降ることはあっても外で何かするときは雨は降らないのだ。アオリイカ 

ヤエン釣り なかなか奥が深い 回数を重ね道具も充実してきたのに反比例して釣果落ちてきたような気がする

 

今度こそ釣れ男になりたい。