瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2007年度 > 2007年度納竿

2007年度

2007年度納竿



2007年度の納竿はやはりアオリイカで締めくくりです。 年末休みとなった連休初日の12月29日、天候が気になりましたが師匠と打ち合わせをして出かけてみました。

自宅を朝9時初の予定でいましたが、早く行こうという師匠の提案で8時40分に自宅をでることになり大慌て。 朝の時間帯 20分縮めるのは大変です。

 

出かけるときは雨でしたが、30分も走ると雨が上がりました。 待ち合わせはいつもの釣具店。10時の待ち合わせ時間に5分遅刻です。 いつもは私が先について、釣具店でうろうろして買い物をしますが今回は師匠が先についていました。

 

年末で大売出しをしているのでこのときとばかりと買い込みです。 しかし予算が少ないので我慢我慢です。

 

それでもアオリイカ専用リールの一番安いのを買い込みました。 前回買ったアオリイカ専用リールの安価版ですが、それでもかなりの値上がりしているので前回より高い値段でした。

 

それから師匠がすすめるヤエンも買い込みました。 「のんきヤエン」というネーミングで、特徴はローラーがついているのですべりがよいということです。 お気に入りのシマノの円形ベアリングローラーとはちょっと違うタイプの筒状のローラータイプです。

 

あとはヘッドランプを買いました。最近はLEDが主流ですが、LEDの数が何個ついているかにより明るさが変わるみたいです。 そんなことにも気づいていませんでした。 昔の豆球タイプの灯りの方が私の目には見やすい色です。

 

 LEDの青白い発光色はどうも老眼の目には見えにくいです。 見えにくければ明るさを強くするしかない。 そこで今回はLEDが25個つきのタイプを買いました。

 

もうひとつ上の36個タイプでもよかったかなと思います。 数が増えればサイズが大きくなるのと電池の消耗が早いということになります。

 

ヘッドランプを道中の車の中で開封してテストしようとしたら、付属の電池が液漏れしておりました。 新品からこれでは・・・・ ついてないな・・・・ 今回の納竿釣行に暗雲が垂れ込みました。 

今まで使っていたヘッドランプの電池を取り出して使うことができました。

 

漁師から餌の鯵を買い込みました。今回は新しい鯵バケツ使用です。以前のより大きくなったので20匹買い込みました。 1匹50円ですから丁度1,000円分です。

 

ところが、エアーポンプからエアーがでません。 予備のエアーポンプで代用です。 暗雲の追い打ちです。

 予備は絶対必要ですね。特に乾電池を使う電気製品においては。

 

そんな怪しい前兆を抱えながら釣り場探しとなりました。 海が荒れているかも知れないので、どこか穏やかな海岸はないかと旧道をドライブがてら遠回りしました。

 

人気の日和佐恵比寿浜岸壁はかなりの人が来ていましたが、それでも私はいつもの休日より少ないなと感じました。 師匠は多く感じたようです。

 

これだけ多いといつ喧嘩が始まるかわからないからパスするといいました。 人が少ないところでゆったり釣りをしたいので、そんな空いている場所を探そうということです。

 

先客の状況と海の状況の両方満足す場所ということで2箇所場所をみて結局前回行って私が1.7kをゲットした海岸に決定しました。

 

先客が一組(2人)いましたが、朝早くからきている風なので夕方までには帰るだろうという師匠の読みでその隣に入りました。

 

13時半ごろ竿を出しましたが先客がいる間は竿を1本しか出しません。 師匠はいつも仕掛けをセットしているので釣り場に着いたら即餌をつけて仕掛けを投入します。 私は、現場でモタモタ仕掛けを作っています。

 

早いときには私がスタンバイしてないうちに師匠は釣り上げてしまいます。 今回も私がスタンバイした直後に早くも1杯ゲットしてしまいました。

 

最初に一つ釣ると今日はゼロではないということで精神的に非常にリラックスできます。 師匠が私にいい場所を譲ってくれているのにもかかわらず、師匠の竿ばかりにあたりが集中して私にはあたりがありません。

 

 師匠が3杯くらい釣ったところでやっとあたりがありましたが逃がしてしまいました。 その後あたりがぱらぱらとありまして、逃がしも多かったけど、明るいうちに3杯ゲットすることができました。

 

師匠の読みどうり、先客が帰りました。早速2本目の竿もセットしました。 そして日暮れ直後の5時半過ぎから6時にかけて入れ食い状態になりました。 こんなに忙しい釣りはしらないよ〜 ちょっと待ってくれよ~ といいたくなるほどでした。

 

一つ釣り上げて仕掛けを放り込むと別の竿にあたりがありそれを取り込むと別の竿にあたりがありの繰り返しが続きました。

 

これでは餌が足りなくなるなと思いました。 しかし、その後あたりがぴたりとやみました。いつもは月夜を狙って来ますが、今日は星空がきれいです。オリオン座がとてもきれい。天の川もきれい。 バックに街路灯がありますがそれでも十分キレイです。

 

コンビニおにぎりをほおばりながら星空を眺めていました。 8時すぎからぱらぱらとあたりがあり9時には20匹に餌を使い果たしてしまいました。

 

師匠も同じくでした。そして竿をたたもうとしたら最後の一匹の餌にもアオリイカがヒットしてきました。いつもは最後の一つの餌は希望だけでヒットしないのがほとんどでしたが。 今回は餌があればもっと釣れていただろうと思います。

 

後ろ髪を引かれる思いで今年の納竿としました。 結果は師匠が8杯 私が11杯でした。 今回はキロオーバーはゲットできませんでしたが食べごろサイズの400〜600グラムサイズが中心で数が釣れたので楽しい釣りとなりました。

 

一番大きいサイズで900グラムでした。 今回気づいたことは、

 

■ 予備は必要

■ 餌は大目がよい

■ 餌が不足ぎみなときでよくつれている食のいいときは弱った餌でもつけておくと釣れる可能性がある。

 

 などでした。 今回のデーター 日時 2007年12月29日場所 徳島県海洋町潮  中潮 エサ 活き鯵20匹釣り時間 13時半〜21時