瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > あとがき > アオリイカ用ヤエンロスト

あとがき

アオリイカ用ヤエンロスト

 

2011年10月18日のアオリイカヤエン釣行で アオリイカ用ヤエンをロストしてしまった。

アオリイカヤエン釣師にとってアオリイカ用ヤエンロストほど 悔しいことはない

 

それはたとえキロオーバーのアオリイカをばらしてでもアオリイカ用ヤエンはロストしたくない。 私はアオリイカ用ヤエンを手作りしてないが、アオリイカ用ヤエンを手作りしている師匠はよくそういう。 だから師匠は決して自作のアオリイカ用ヤエンを貸してくれることはない。

 

私はチヌ・グレ用のふかせ釣りの円錐浮きは自作していた。 だから作る大変さや思い入れはよくわかる。 今回ロストしたアオリイカ用ヤエンは市販のものでいつも釣り場に持参するお気に入りの「のんきヤエン」3本の内一つだ。 3本の中でもイチバン消耗しているものだったのが不幸中の幸いだ。 市販品だから同等品は1600円で購入可能だ。

 

ロストしたのは仕方ないことであり不注意ではない。 アオリイカのチビスケばかり釣れる時期なのでアオリイカのチビスケが餌の鯵に抱きついて軽いのでわかりにくい。 鯵の重さより少しでも重いと感じたら、「疑わしきは合わせよ」ということでアオリイカ用ヤエンを入れてみる。 前回はそれで0.1kgぐらいのアオリイカをゲットした。

 

ということで今回も鯵の重さよりちょっぴりだけ重いなと感じたのでアオリイカ用ヤエンを投入したのだ。 ところがその直後根ガガリしてしまった。 あ〜アオリイカ用ヤエンよバックしてきてくれと叫びたかった。 しかし、アオリイカ用ヤエンは一方通行であり、決して逆戻りはしてくれない

 

あ、今この原稿を書いているここでひらめいた アオリイカ用ヤエンを迎えに行く仕掛けを考案すればいいんだ。

 

そう、別の竿とリールを用意しておき道糸の先に強力な磁石をつけてそれを根ガカリした道糸に通して送り込んでいく。うまくいけばアオリイカ用ヤエンは磁石にくっつくので回収できる。 イメージとしてはアオリイカ用ヤエンの針の代わりに磁石をつけたようなイメージだ。

 

壊れたアオリイカ用ヤエンとか、もう使わないアオリイカ用ヤエンを改造しよう。

 

結局、根ガカリした餌の鯵のところへアオリイカ用ヤエンは一直線に海中へ・・・。 どうしても根ガカリは外せず。力任せに仕掛けを切ったが高切れしてしまいアオリイカ用ヤエンは回収できないままでした。

 

よし、今度100均ショップで使えそうな磁石を探してみよう。 ロッドは今はもう使わないコンパクトな振り出しロッドを忍ばせておこう。 そしてリールも同じく使わないコンパクトなリールを一つ用意しておこう。

 

 


トップに戻る