瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2012年度前半 > エギに2連敗!

2012年度前半

エギに2連敗!

  6月11日 アオリイカヤエン釣り 11回目 第一部

 

昨日は暑さの中、徳島からきた釣り仲間3人と10時間近く頑張ったが全員あたりすらなし。

 

残った餌の鯵をビクに入れて海中につけて保存しておいた。

 

その残り鯵でリベンジする予定だが。

 

今日は朝からいまにも雨が降りそうなどんよりした梅雨空。 天気予報では終日曇り。 こんな天気なら昼間でも釣りは楽であろう。 連チャンになるので釣りは夕方の地合に的を絞ることにした。

 

17時前からスタートした。

%C0%BE%C9%CD%B4%C8%A3%B1.JPG

 

%C0%BE%C9%CD%B4%C8%A3%B2.JPG

 

ちょっぴり心配したけど、堤防から海中にぶら下げていた、鯵を入れたビクは無事だった。 鯵は1匹死んでいたものの他は元気だ。

 

さっそく2本の竿を投げ込んで師匠に連絡メールをしようとしたら、一人の若者が鮮やかなカラーのマウンテンバイクに乗って現れた。

 

ラフな軽装で今風の若者という感じ。 がっちりした体育会系の体つきだ。 彼は小さな女の子をやさしそうに連れている。 がっちりした体格に似合わず子煩悩なやさしそうなお父さんという雰囲気だ。

 

自転車で小さな子供を連れているということは地元の人だろう。 地元の人なので、海はほぼ毎日見てるわけだから、海の情報はとても詳しい。 いろいろ情報を教えてくれた。

 

彼は、マイボートを持っている。

船からでも今年はアオリイカを釣ってないらしい。

釣れたのは墨をやたらはきまくるコウイカばかりらしい。

昨年もキロオーバーのアオリイカは釣ってないらしい。

室戸まで釣りに行くこともあるらしい。

2kオーバーはもちろん3kオーバーの実績も持っている。

 

ここくらいまでの会話で、彼がただ者じゃないな と感じる。

 

言葉使いの丁寧さやリアクションなどはとても礼儀正しい。

 

彼の友人はヤエンをやりたいといっているらしい。 私が21時ごろまで粘るつもりだと答えると、「時間があればエギを持ってくるかも」 といって女の子を連れて帰っていった。

 

最初に針につけた鯵は元気よく海底に潜っていったが海底のアマモに絡んで困った。

 

なんどか道糸に絡んだ藻を取り除きながら打ち返していると潜らなくなった。 鯵の体力が弱ってきたのだ。

 

そこでオモリを追加しようとしたが取り付けるための道糸のあまりものがない。 今日もミニバイクできたので荷物を極限まで減らしているからな。

 

だとするとオモリを追加するには道糸を切らなければならない。 道糸を切ってオモリを追加するには鯵をいったん取り外さないといけない。

 

弱っている鯵にますます負担がかかる。 しばらく場所を変えて投げ込んでいたがやはり2本の竿とも鯵が沈まない。 これは鯵が弱ってきた証拠。これは昨日徳島の釣り仲間から聞いた話。

 

鯵はまだ10匹以上残っているから元気な鯵と取り替えよう。 そして仕掛けを切りオモリをつけて元気な鯵に交換して投げ込んだ。

 

2本の竿ともに最初につけた鯵は弱かった。 今度は、2本とも元気な鯵に交換してなおかついオモリを取り付けた状態であるがかなり元気だ。

 

小さな川の流れ込みの水門付近で地元の人が数人集まって何か騒いでいる。

 

アオリイカヤエン釣行記第二部へ続く