瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2012年度後半 > 第二部

2012年度後半

第二部

第一部より

 

口を大きく開けたまま死んでいるのは酸欠が原因だそうです。

 

今回もえーさんに好きな釣り座を選択してもらい残った釣り場に私が入る。 私は歩くのがめんどうなので車から近いところを選択した。

 

 

その後、あたりはあったがヤエンにかからずバラしてしまう。 えーさんの方がはるかにあたりは多い。

 

えーさんはアオリイカのサイズが小さいのであたりなのかどうか判断できずにいる。 やがて彼は竿で聞くのではなく道糸を手に持って聞くことによりアオリカがきてるかどうかわかるようになった。 なるほどそれもいいな。

 

15時過ぎに竿出ししたのだが、冒頭書いたように第1投げであたりがあって逃がしてしまったが第1投目であたりがあるのはよくあること。 師匠がいうには、しばらくエサが入ってないので待ち構えているアオリイカがいるからという。

 

現在の状況を跳ね上げ式ヤエンを教えくれたWAさんに電話で報告。 仕事中であろう師匠にはメールで報告。 この釣り場ならSoftbank携帯でも大丈夫だ。

 

最初に仕留めたのは17時半ごろだ。

 

 

それにしても小さい。携帯電話くらいのサイズだ。 最初はあたりかどうかわからなかったくらいだ。 竿で聞くと鯵がピクピクしてないので「疑わしくは合わせよ」ということで 自作ブランコヤエンを入れてみた。

 

それだけでは心配なので追い打ちをかけるように自作ミニヤエンを投入。 自作ブランコヤエンはアオリイカに届いてなかった。これは失敗作だ。

 

机上で考案したものなので実践で試してみて早速改良点が見つかった。

 

しかし、自作ミニヤエンは正解だった。 ただ、2つ制作してきたが1つは使う前から道糸ガイドのはんだ付けが外れてしまった。 作者のイモはんだだ。 これもはんだ付けに自信を持ちすぎて銅線固定をしなかったからだ。

 

オリジナルヤエンを作り始めているが早速いろいろ改良点が見つかったのでよかった。

 

暗くなり始めてあたりが連続しだした。

 

 

えーさんの方を見るとちょうどアオリイカをゲットしたとことであった。 私の方に向けてアオリイカを高く持ち上げてアピールした。 今日一の大きさではないか、 遠目ではあるが400グラムくらいありそうだ。

 

19時くらいまでに5杯ゲット。今の時期だから仕方ないがエサの鯵と変わらない大きさだ。

 

 

 

 

19時を過ぎてすっかり暗くなるとあたりはピタリと止まる。 半月と満月の中間くらいの大きさの月がきれいだ。

 

その頃、仕事を終えた師匠から電話がありいろいろ報告をしたりアドバイスをもらったり。

 

今のうちに夕食のおにぎりを食べる。

 

アオリイカがいつくるかわからないのでカップラーメンなどは不向きだと思う。 ちょうど3分たったころアオリイカがきてその後入れ食いモードになり30分以上も続くことがある。 そうなると食べ損ねたカップラーメンは・・・・。

 

そしてざるそばなどの汁物も避けている。 なぜなら残った汁を全部飲み干さないかぎり自然に捨てることになる。 (平気な人もたくさんいるが)

 

かといって残りの汁をこぼさないように自宅に持ち帰り処分するのも面倒だ。 アオリイカヤエン渚釣りの食事は一番ゴミの少ないおにぎりやサンドイッチなどが適していると思う。

 

みんなが楽しむ釣り場を汚してはいけない。

 

あたりがないのでえーさんのところへいくとえーさんもあたりが止まっているという。2連休なので今日は遅くまで粘りたいという。

 

自分の釣り場に戻り竿を確認するとアオリイカがきている。 なんとか取り込んで次のエサを投げ込んで今釣ったアオリイカを片づけてもう一度竿を確認に行く。

 

一度釣れたら地合いに入っているので連続で釣れることが多い。

 

まさにその通りだった。

 

第三部へ続く