瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2012年度後半 > アオリイカヤエン釣行 第三部

2012年度後半

アオリイカヤエン釣行 第三部

  第二部より

師匠は私より九時間も後からきて私の釣果を超過するのではないか・・・。 

 

その予感は 的中することになる。

 

今日は月曜日、前日の日曜日に釣り人多くて釣り荒れしているのか。

 

天気予報では15時から雨だということだがかんかん照りの快晴。 暑がりのひーくんは耐えきれないようである。 今回はドーム型日よけがあるのでなんとかそれで強烈な日差しをしのぐことができた。

 

 天気予報が雨でも晴れになる・・・ 笑顔

 

多分ぼくの晴れ男レジェンドがそうさせるのだろう。

 

ぼくは自信満々の自作ヤエンがすべて上手く動作せずすっかりやる気をなくしてしまった。 アオリイカヤン釣りにはるばる徳島県南までやってきてこんなにも戦意喪失したのは初めてだ。

 

おまけにお腹の調子が悪く下痢ばかりである。深夜に飲んだキンキンに冷えたビールがよくなかったのだろう。

 

あたりはあるものの自作ヤン及び自作改造ヤエンで取り込める気がしなくなった。 もってきたヤエンは10本以上あったがすべてミニ4駆のローラーを使っている。 ミニ4駆のローラーは小さくてスムーズに回転するので自信はあったが小さすぎるがゆえにローラーの溝が浅い。 ローラーの溝から道糸が外れてしまうのではという不安があるにはあったが的中しすぎてしまう。

 

となるとすべての自作ヤエンのローラーを交換しなくてはならない。 えーさんが用意してくれた網戸用ローラーの改造はできているので10日後の31日えーさんとの釣行までにはえーさんの分も含めて完成させなければならない。

 

そんなことで30匹くらい用意した活き鯵はすべて使い切り師匠から7匹もった。 しかしそれもほぼ使いきったがアオリイカをゲットすることはできなかった。

 

師匠はコンスタントにあたりがありばらしが多いものの4杯ゲットして貫録を見せてくれた。

 

私は零時半から釣り開始で途中休憩や仮眠はしたものの18時間釣りをした。 師匠は9時に来て9時間半の釣り。 ぼくの半分の時間である。

 

18時半ごろ納竿して疲れ果てて自宅に着いたのは22時過ぎでした。

 

アオリイカヤエン釣行2012!!17回目

 

日時  2012年  10月 21〜22日

場所  徳島県牟岐町

潮   小潮

天候  晴れ

月   半月

購入エサ 約30匹 (プラス師匠に7匹もらった)

残り餌 0匹

累計鯵購入数 199匹

あたり回数 約30数回

釣果 3杯 約 0.2kg〜0.5kgクラス 合計重量 約0.9kg

累計重量  約 17.53kg

2012年累計  36杯