瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2012年度後半 > 10月31日 まさかの・・・。

2012年度後半

10月31日 まさかの・・・。

 

1週間延期したえーさんとのアオリイカヤエン釣行

 

今回は、師匠の車にわーさんが同行して先に釣り場に向かっているということで、 師匠が釣り場を確保してくれる予定だ。

 

師匠はぼくたちより1時間以上早く出発している。 ところが、どこも先客がいっぱいで釣り場が確保できないという。

 

釣れているという情報が流れると人気の徳島県南の釣り場はすぐに釣り人が大増殖する。

 

いろいろ釣り場を見回って牟岐町の砂浜に決定。 そこで合流することにした。 もちろんその場所も先客がいるので車から近いいいポイントへは入れない。 海水の入った重い鯵バケツを持って砂浜を延々と歩いて遠くの釣り場に入らなくてはならない。 これからのシーズンは場所取りがどんどん難しくなってくる。

 

 

 

えーさんの家を9時半ごろ出発して竿出しをしたのが14時ごろ。 車から近い方から、わーさん・師匠・ぼく・えーさんの順番で並んだが、後から来た釣り人はまだその向こう側に歩いて行った。

 

ぼくは、竿を出すより前にわーさんに自作ヤエンを見てもらった。 いろいろ参考になるアドバイスをもらったので改良していこうと思う。

 

4人とも全くあたりがないまま時間だけが過ぎていく。 わーさんが1回、ぼくが1回エサの鯵をかじられただけ。 師匠とえーさんはあたりが全くない状態が続く。

 

やがて、先客の一人が帰りそのあとにわーさんが移動して0.8k強クラスをゲット。 さすがだ。

 

わーさんの釣り座のあとに師匠が移動。 4人とも全員車に近い方へ移動した。先客が一人帰ったので全員釣り座を詰めていったというわけである。 それでもあたりがない。

 

師匠はもう一組の先客が何時に帰るのか聞いてそのあとに入らせてもらうことにした。 師匠は荷物を移動して先客の帰りの順番待ち体制に入った。 そして先客が帰ったあとに師匠が入り0.2kgクラスをゲット。

 

えーさんは竿立てが壊れたので竿を一本たたんだ。 すっかり暗くなったのに餌の鯵は1回かじられたのと根ガカリで死んだのと2匹しか消耗していない。

 

ぼくはあまりにもあたりがないので戦意喪失。 今日は密かにツ抜けを狙って鯵を25匹購入していたのだ。

 

師匠にはアオリイカが2ケタ釣れるんではなくて鯵が2ケタ残るわ といわれていたがまさにその状況になりつつある。

 

餌の鯵が20匹以上残っているのに竿を1本たたんだ。 そしてわーさーんと師匠の間に竿1本だけ入らせてもらった。 えーさんは師匠の向こう側に竿1本で入った。 するとえーさんにあたりが・・・。

 

しかし、ばらしてしまう。

 

その後もあたりがなく23時まで粘りに粘ったがギブアップ。 ぼくは1本だけ出していた竿をのんびりたたんでいた。

 

なんだかえーさんがヤエンを入れているみたいだ。 えーさんの竿さばきのやり取りを見かねたわーさんがえーさんの助け舟に入ってくれたので私はそのまま道具を片づけた。

 

今日の感じではこれ以上粘っても好転の見込みがない。 まさかのボーズで力尽きてしまった。

 

ぼくとえーさんの香川県組二人はボーズ。 師匠とわーさんの徳島組は1杯ずつという釣果に終わりました。

 

自宅に帰ると翌日の2時でした。

 

アオリイカヤエン釣行 18回目

 

日時  2012年  10月 31日

場所  徳島県牟岐町

潮   大潮

天候 晴れ

月   満月の翌日できれいにでていました。

購入エサ 約25匹

残り餌 20匹以上

累計鯵購入数 224匹

あたり回数 1回

釣果 0杯

累計重量  約 17.53kg

2012年累計  36杯