瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2012年度後半 > 第三部

2012年度後半

第三部

アオリイカヤエン釣行 日記 第二部より

 

そしてついに大物のあたりが・・・。

はたして無事に取り込めるのか・・・

ギャフを用意した。

 

なんとかギャフをかけて取り込んだが余裕でキロは超えているだろう。

kiro.jpg

 

これも墨袋を取り除いた。

 

その後、20時過ぎたあたりから入れ食い爆釣モードに突入。 しかし、これまでヒットしたのはすべて左側の竿のみ。 通常の爆釣モードは2本の竿同時にくるのだ。 8杯目くらいまでは市販ベースのヤエンでバラシなし。 勘で0.5kg以上はギャフを使いそれ以下は引き抜いた。

 

hitoriireguiP1070934.jpg

その後、ギャフをかける直前でヤエンの針が外れて本日初めてのバラシ。 ここまで100% の確率で取り込めていた市販ベースのヤエンの信頼が少し落ちた。

 

そこで自作ヤエンの出番だ。 自宅室内、室外で走行テストを繰り返し自信のあるものを選んでおそるおそる試してみたところ・・・。

 

結果は散々だった。

 

この釣り場は急深で釣り位置から海面まで落差があるということもあり走行はなんとかいけたものの針ガカリしない。 自作ヤエンは走行不良&針ガカリせず。この2つの問題をいったりきたりで進展がない。

 

そんなことで3回連続バラシをやってしまった。 この時、心の中では自作ヤエン自信のなさやツ抜けを意識して葛藤していた。 ツ抜けを意識すすると途端にばらしてしまうのだ。

 

時折背後を歩く人の気配を感じる。 こんな時間に移動をするのはエギンガーかもしくはルアーマンだろう。 いつの間にか隣で闇を切り裂く鋭い音が響く。 エギンガーが闇を切り裂き鋭く竿をしゃくっている。 海面をヘッドライトで照らしていたのが見えたので多分アオリイカを釣ったのだろう。

 

今日のアオリイカはエサに対する執念がものすごく強い。 今迄6年間アオリイカヤエン釣りをしてきた中でイチバン強い。

 

最後の10時過ぎには波うち際まで引き寄せたがへっぽこヤエンが針ガカリせず それでもアオリイカは鯵を離さない。 アオリイカは鯵を離さないが、自作へっぽこヤエンとアオリイカは離れているのだ。

 

膝上まで波につかりながらギャフを打つがアオリイカにかわされて逃げられてしまう。

ヤエンと鯵が離れたままの仕掛けを投入。

するとその鯵にアオリイカはくらいついてくる。

またまたギャフをかけようと波につかりながら挑戦する。

またかわされて逃げられてしまう。

ギャフがかわされるしヤエンに針ガカリせず。

ヤエンにかかってないアオリイカ。

鯵にくらいついているだけのアオリイカをそのまま砂浜にズリ上げる。

さすがにアオリイカも逃げる。

それでもまたそのままの鯵を投入する。

また鯵にくらいついてくる。

アオリイカのエサへの執念とぼくのツ抜けしたいという執念との戦いだ。

また波につかりながらギャフを操作する そしてやっとかけた。

小さなメスのアオリイカだった。

tiisai3.jpg

 

21時過ぎにあたりが少し途切れ始めて21時半でやめようと決断。 3本目のペットボトルに残ったお茶を一気に飲み干し竿をたたみ始めるとアオリイカが乗っている。

 

自作ヤエンでばらしてしまい鯵を付け替えて投げ込む。 もう飲み物は車まで戻らないとない。 22時でやめようと竿をたたみ始めるとアオリイカが乗っている。 ばらしてしまう。

 

22時半でやめようと竿をたたみ始めるとアオリイカが乗っている。 ばらしてしまう。 きりがないので元気な鯵を8匹残して納竿とした。

 

お隣さんは15匹の鯵を購入して使い切ったと思うがそれでも10杯前後は釣っていた。さすがだ。ぼくの鯵をあげると提案したがもうやめると言って先に帰っていった。

 

この場所は車のところまで砂利浜が長い。 重い道具とクーラーボックスを一回で運んだがスタミナ切れで途中3回ほどへたり込んだ。 この釣り場では過去にもこんなことが2〜3回ほどあったと思う。 それだけ釣れるということだが反面自分の体力がないともいえる。

 

車へ荷物を積み込んでいるとエギンガーが釣れましたかと問いかけてきた。 残念ながらツ抜けはできなかったんですと答えると そーですかとだけ言ってその二人組はこんな時間から釣り竿を片手に渚の方へ行った。

 

23時荷物をまとめ釣り場を後にしたがこの釣り場は慣れてないため暗いときはいつも迷いそうになる。 一度迷いそうになり引き返したが間違ってなかった。 あとは自分の勘だけで右に左へとくねくねと曲がったが無事に国道55号線にでた。

 

途中コンビニでトイレ休憩。ドリンク補充ゴミ処分をして自宅に帰ると25時半過ぎだった。

 

アオリイカヤエン釣行21回目

日時  2012年  11月 28日 水曜日

実釣時間 11時過ぎ〜22時半ごろ 約11時間半

場所  徳島県海陽町

潮   大潮

天候 晴れ・曇り

月  最初だけ曇りで見えなかったがあとはきれいな満月

購入エサ 22匹

残り餌 8匹

累計鯵購入数 276匹

あたり回数 12回くらい

釣果 9杯 (単位kg)

0.28

0. 30

0.30

0・38

0.48

0・51

0.65

1.15

1.10

合計5・15

2012年度累計重量  約 28.71kg

2012年累計  55杯