瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2012年度後半 > 12月5日 アオリイカ釣行記第二部

2012年度後半

12月5日 アオリイカ釣行記第二部

 

アオリイカヤエン釣行 日記 12月5日 第一部より

 

真っ暗な渚で二本目の竿を出して鯵バケツに新鮮な海水を補充。 最初にセットした1本目の竿を確認異常なし。 2本目の竿を確認。

 

すると・・・ すぐあとから出した二本目の竿がやや重い感じがする。 竿で聞くとグイー グイー っとアオリイカ独特の引きが伝わってくる。 早くもアオリイカのあたりだ。

 

 

自信のない自作ヤエンはとりあえず使わずに市販ヤエンの針だけ交換しているヤエンを投入。 取り込んだのは小さいサイズ。

 

 

しばらくしてまた小さいサイズが。

 

 

三回目のあたりはばらしてしまう。 ほぼ入れ食いだがその後、バラシの連続。 多分四連続ぐらいアオリイカをバラシただろう。

 

そうなると市販ベースのヤエンも信頼ができなくなってきた。 前回その市販ベースのヤエンで六連続ヒットさせて七回目ぐらいでバラシたはずだ。 なので針を1本だけ新品に交換してきているが・・・。

 

こうなると残りの2本の針も新品に替えないといけないかな。 じゃーしかたない次からは自作へっぽこヤエンの出番だ。 あたりがピタリととだえてやがて夜が明けてきた。

 

 

すっかり明るくなった9時ごろやっとヒット。 これも小さい。 おそるおそる入れた自作へっぽこヤエンがうまくかかってくれた。

 

 その後、あたりがとだえてしまった。 アオリイカヤエン釣行 日記 第三部へ続く