瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2013年度前半 > アオリイカヤエン釣行記第三部

2013年度前半

アオリイカヤエン釣行記第三部

 第二部より

その後、すっかり暗くなってきましたが、なんのあたりもない。

 

私の2本の竿の内ひとつは、根ガカリで鯵をロストしたもののもう一本の竿の鯵は最初に付けた鯵のままだ。 一号のオモリを付けたにもかかわらず元気そのものである。

 

師匠からの電話によると、ちらほら釣れているところもあるという。 この低水温の時期は、浅場の渚より、水深のある波止のほうがいいのでは。 帰る方向の波止へ場所替えしたら。 そんな電話のやり取りをしたのが19時を回ったころだった。

 

真っ暗な中、行ったことのない波止場へ場所替えするのも難しい・・・ それにこの場所へ来る道中釣り人がいるのが見えたから釣り場所に入れない可能性もある。 ということで場所替えせずに20時まで粘って止めようと思った。

 

師匠からの電話を切るとあたりがあることが多いというジンクスがあるのだが、今回はそれもない。

 

一番最初に取り付けたエサの鯵はまだ元気で泳いでいる。

 

思い返せば今日のこの場所で昨年の2月27日には自分自身での2012年度最高の釣りができた。 その記録をコピーすると

 

2012年アオリイカ釣行3回目

日時  2012年  2月 27日 月曜日

16時前〜21時過ぎ

場所  高知県室戸市

潮   中潮

天候  晴れ

月   三日月 出たり雲に隠れたり

エサ  仕入20匹(2人分で) 自分は14匹くらい

残り鯵 0匹

累計鯵購入数 60匹

あたり回数 10回以上 ばらしは5回くらいか

釣果  9杯

1.12kg 1.1kg 09kg 0.9kg 0.8kg 0.52kg 0.3kg 0.3kg .28kg 

合計 6.32kg

2012年度 累計重量  約 11.57kg

2012年累計  20杯

 

ツ抜けこそしなかったが、キロオーバー2杯、キロに近いのが3杯、合計6キロ以上を釣り上げた場所なんだけど。

 

その時は水温計を持ってなかったので記録してないが15度という低水温ではなかったと思う。

 

20時ごろ、納竿を決意。

 

今日は新月の闇夜だから星空がきれい。 やっちゃんが北斗七星を見つけました。 そして北極星も見つけました。 自宅はちょうどこの場所の真北なので北極星の方向です。

 

星空に別れを告げて20時半ごろ釣り場を後にしました。

 

自宅に着いたのは翌日の0時半ごろでした。

 

始めて同行したやっちゃんには申し訳ない気持ちです。 そして往復すべてハンドルを握ってもらって感謝しています。

 

2013年アオリイカヤエン釣行記2回目

日時   2013年  2月 10日 日曜日

実釣時間 15時前〜20時前 5時間くらい

場所   高知県 室戸市

潮    大潮

天候   晴れ

月   闇夜の星空満開

購入エサ 30匹 くらい (二人分 竿3本分)

残り餌  25匹以上くらい

累計鯵購入数 50匹くらい

あたり回数 0回

釣果    0杯

2013年度累計重量  約 0.5kg

2013年累計  1杯