瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2013年度前半 > アオリイカヤエン釣り釣行記 2013年 4回目

2013年度前半

アオリイカヤエン釣り釣行記 2013年 4回目

 

5月14日

 

3月半ばに手を怪我してから釣りに行けない状態が2か月近く続いていたのだが。

 

診察の結果、車の運転はできるようになりました。 笑う

 

ということで師匠にメールで報告すると「じゃあ 明日行こう」ということになりまして久しぶりにアオリイカヤエン釣りに行ってきました。 照れる

 

昼間は暑いので夜釣りメインということで正午待ち合わせの15時竿出しです。

 

第一本命ポイントには先客が一人いました。 先客はアオリイカヤエン釣りではないので夜までには帰るだろうということで先客をはさんで釣りを開始しました。

 

もちろん隣で釣らせてくださいと声掛けはしましたよ。

 

師匠は竿出しすぐに魚がヒットして糸を切られてしまいました。 私の方は全くあたりなし。

 

DSCN1252.jpg

 

風はほぼ無風で波は大して影響はない。 海水もきれいなんだけど海水温が低い。 温度計は車に置いたままなので測定してないが15度くらいだろう。

 

師匠も餌の鯵を触ると冷たいと言っていた。

 

三日月のようなきれいな月が真上で笑っている。

 

tuki.jpg

 

いい時合のはずなんだけど・・・

 

あたりも全くなく時間だけがゆっくり過ぎていくだけ。

 

なんのドラマもないまま21時前納竿とした。

 

これで3連続ボーズである。

 

師匠は今回,のあたりが2回あり2回ともバラシ

チビイカに鯵の首根っこをかじられたのが一回のみ。

 

師匠と同時ボーズは多分初めてではないだろうか。

 

私がボーズでも師匠がボーズということはない。 その逆はよくあるが・・・。

 

そういえば今年のえーさんはボーズがない。

 

あとがき

 

今回アブらしい害虫に首や手首を無数に噛まれた。 これからの夏の季節の夜釣りには厄介な問題だ。

 

普通の蚊より10倍かゆいし赤く腫れてくる。

 

噛まれたときは全く分からないが翌日になると腫れとかゆみが増してくる。

 

そしてそれが1週間以上続くのである。

 

 

日時   2013年  5月 14日 火曜日

実釣時間 15時前〜21時前 6時間くらい

場所   徳島県 海陽町

潮    中潮

天候   晴れ 無風

月   三日月のようなきれいな月

購入エサ  約18匹

残り餌  約15匹以上

累計鯵購入数 約100匹

あたり回数 0回

釣果    0杯

釣果 単位(kg)

2013年度累計重量  約 0.5kg

2013年累計  1杯