瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2013年度前半 > アオリイカヤエン釣行記 6月27日 第三部

2013年度前半

アオリイカヤエン釣行記 6月27日 第三部

アオリイカヤエン釣行く記 第二部より

 

今回の活き餌は香川県の釣具店で買った超がつくほどの高級な活き鯵だ。

 

夕方のゴールディンタイムに備えて二人とも餌はフナから超高級活き鯵に変更してある。

 

しかしこの超高級活き鯵は大きすぎるし2号の竿では重すぎて投げ込みづらい。

 

波止の高い位置からなのでなんとか投入できたがいつもの渚からの釣り位置ではとても投げ込められそうにない大きさだ。

 

しかもめちゃくちゃ弱い。最初の一投だけは元気に泳ぐが 一回投げ直すともう元気がない。 そしてすぐに水面に浮いてしまう。 オモリを付けてみるがそれでもオモリを持ち上げてでも浮き上がろうと泳いでいる。

 

海底と海面の水質や温度が違うので底へは潜りたがらないのだろうと思う。

 

しかたないのでいつものオモリの倍のオモリにして無理やり沈めてみるがすぐに弱ってしまう。 この高級活き鯵は淡水魚のフナとあまり変わらない時間でくたばってしまう。

 

20時が干潮だが潮はほとんど動かない。 動くのは干満による海水面の高さぐらいで、海面に浮いたゴミがそのままの位置で止まっている。

 

私は完全にあきらめモード。4回連続アオリイカヤエン釣りボーズという新記録樹立をあっさり受け止める用意ができた自分がいる。

 

そんなことで何の反応も奇跡もないまま21時半納竿とした。

 

活き鯵が4匹残ったので活かしたまま持ち帰り自宅近くの漁港にスカリに入れて活かしてある。

 

数日後天気をみて自宅近くで再チャレンジしてみようと思う。 多分釣れないと思うし連続ボーズの新記録更新だとは思うけど・・・。

 

日時   2013年  6月27日 木曜日

実釣時間 14時頃〜21時半ごろ 7時間くらい

場所   香川県 詫間町

潮    中潮

天候   晴れ 時々曇り ほぼ無風 晴れ間は強烈な暑さに耐えるのみ

月   雲に隠れたままなのか見えない

購入エサ  約10匹  (二人分) (傷あり餌を一匹おまけで合計11匹)

残り餌  約4匹

予備のエサ 活きたフナ15センチクラス5匹  2匹使用 3匹あまり

累計鯵購入数 約110匹

あたり回数 0回

釣果    0杯

2013年度累計重量  約 0.5kg

2013年累計  1杯