瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2013年度後半 > アオリイカの新子狙い

2013年度後半

アオリイカの新子狙い

 

我が家から中距離である鳴門へアオリイカの新子狙いでえーさんと二人で出かけてみました。(片道1時間ちょっとの距離です)

 

サビキで鯵を釣ってその鯵を餌にしてヤエンでアオリイカを狙う作戦です。

 

夕方の時合までに2〜30匹の鯵を釣りたいものです。 サビキのエサはアカアミのレンガ2個です。

 

夕方までに確保して夕方の前からヤエンの準備をしたいところですが鯵がなかなか釣れません。 4〜5匹確保がやっとです。 鯵はいるけどサビキの針に食いつかない。

 

 

 

夕方がきてヤエンの準備を兼ねて場所移動しました。それまでは車横付けでサビキしていたのです。

 

移動したらすぐに陽が山に沈んでいきました。 とたんに鯵が入れ食いモードになりました。 アカアミなんかまかなくてもサビキだけで釣れます。 5〜60匹は確保できたかも・・・

 

私は早速ヤエンの仕掛けに鯵を付けて投げ込みました。 大型台風通過の2日後です。 湾内は大量のゴミが浮遊しています。 ヤエンにはとっても不利な条件です。

 

しかし、投げ込んだ鯵に早速アオリイカが乗ってきました。 最初はゴミなのかどうかよくわからなかったのでゆっくりと引き寄せてみました。 すると海面で海水が吹き上げられてるのが見えました。

 

これはアオリイカにマチガイナイ。 ゴミも引っ掛けてきているのでヤエンを入れるわけにもいかず。 じっくり岸壁際まで引きよせてえーさんに玉網ですくってもらおうとしまいたがすくい損ねて逃げられてしまいました。

 

その後も別の竿にアオリイカが乗っていたので今度はヤエンを入れたのですが自作ローラーヤエンは滑りがよすぎて海中へまっしぐら。 多分、勢いよく迫ってきたヤエンに驚いてアオリイカはすぐに逃げたのだと思います。 ほとんど鯵の尻尾付近まで食べられていました。

 

えーさんも2回あたりがあり2回ともばらしました。 その後、ピタリとあたりが止まりました。 辛抱したものの21時半ごろ納竿しました。

 

中秋の名月の2日前の月がきれいに海面を照らしています。

 

残った鯵は鯵は三杯酢にしていただきましたがこれがすごく美味でした。 笑顔