瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2013年度後半 > 11月16〜17日 アオリイカヤエン釣行記第二部

2013年度後半

11月16〜17日 アオリイカヤエン釣行記第二部

 

 アオリイカヤエン釣行記 第一部より

 

翌日朝起きてまっ先に起きだして釣りを開始したのはえーさんだった。

 

びくに入れて海に浸けていた残りの活き鯵はほとんど死んでいた。 一部は網の破れたところから逃げ出していたしカニが侵入してきていた。

 

私の真っ白なクーラーボックスの上にきれいな色をした虫が応援に駆け付けてくれた。 写真ではくすんだオレンジ色に見えるが実際はとても鮮やかな明るいイエローだった。

 

 

ここでハプニング発生! 朝食のカップラーメンを食べているころえーさんが海を指さし何か大変だと叫んでいるようだ。

 

今食べ始めたところなんだけど・・・

 

しばし様子をみてまずひろくんがかけつけた。 少し遅れて私も行ってみた。

 

水汲みバケツが風にあおられて海に落下していた。 幸い沈まずに海面に浮いているが風にあおられてどんどん岸から離れていく。

 

えーさんが鯵をつけたままの仕掛けを投げ込むがかからない。 ひろくんがエギで水汲みバケツのロープに引っ掛けようとするが何度トライしてもエギのカンナはロープを引っ掛けることができずすり抜けてしまう。

 

この水汲みバケツは新品だ。

 

実は、前回釣行時私はえーさんの水汲みバケツを海中に落としてしまったのだ。 そこで私はえーさんに弁償したのだ。 その水汲みバケツで昨日始めて使いだしたものだ。

 

えーさんのバケツの3倍の値段の水汲みバケツである。 そー3倍返をしたばかりなのである。

 

えーさんがヤエンをつけて投げたらいいのではと言い出した。 即、ヤエンをつけてえーさんの竿で私が投げ込んだ。リールが右ハンドル仕様なのでやりづらい。

 

数回の失敗のあと、なんとか水汲みバケツのロープにヤエンの針を引っ掛けることに成功。 無事に新品の3倍返しの水汲みの回収に成功した。

 

あたりは全くないので場所替わりを決意。 昨夜からいた先客は先に引き上げたので波止の先端は空いたのだが。

 

テントを畳み荷物をまとめて移動してすぐの渚はだれもいない。 じゃーここでやろうかということになったが鯵がほとんど死んでしまっているので餌屋さんに電話して買いに行った。

 

餌屋さんは午後からなら不在だったと言われたのでラッキーだった。

 

えーさんが海中に浸けておいた鯵が死んだ理由を餌屋さんに聞いたところ、びくの網に体がスレて粘膜が傷ついて死んだのだろうということだった。

 

20匹買って先ほど見た渚に戻ると・・・

アオリイカヤエン釣行記 第三部へ続く