瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2016年度 > 2016年度 アオリイカヤエン釣行記 6回目

2016年度

2016年度 アオリイカヤエン釣行記 6回目

 

地元漁港でヤエン釣り

 

一昨日徳島県南でアオリイカヤエン釣りをして 4杯ゲットしてきたわけだけど。 残っていた活き鯵5匹を持ち帰っていた。

自宅内で2日間エアーポンプだけで活かしていたが 1匹だけ死んでいたがあとの4匹は元気だった。

徳島県南釣行の翌日は雨だったので 一日おいて近くの漁港へ行ってみた。 場所は空いていたのだがそれもそのはず 当日は風が強い。 明日は用事があるのでこのままさらに 2日間鯵を活かしておくのはちょっと無理がある。 鯵を放流して帰ろうかと迷ったが、 ダメもとで竿出ししてみた。

 

 

大分経ってからアオリイカらしい手ごたえを感じたので ヤエンを投入してみた。 しかし、途中で魚の動きだとわかった。 釣れたのはこの場所で時々釣れる エソである。

エッ ソーというダジャレはいらない。

 

 

かまぼこにすれば美味しいらしい。 私は小骨が多い魚は苦手だ。 今夜は娘たちの家族がくるので 取りあえず絞めてキープしたが クーラーボックスは持ってきていない。

やがて近くの人が釣りを見学にきた。 エソの料理法を詳しく教えてくれた。 すり身にして味噌汁にすると旨いとか。 すり身にして揚げると美味しいとか。 私は料理はしないのでやり方だけ聞いていた。

その他いろいろおしゃべりをして アタリのない時間を過ごした。

それならエソをプレゼントしますよ。 と言ったら彼は大喜び。 エソが大好きなんだそうだ。

彼はヤエン釣りは見たことがないという。 自作ヤエンを見せて説明していると 感心することしきり。

釣り人同士が会話すると必ず出てくる会話内容の一つが 釣具店情報。 どこどこの釣具店はあれは安いがこれは高いとか。 どこそこに新装オープンした店があるとか。

 

小さな田舎の漁港なので 知っている人の名前を次々あげていくと 必ず共通の知り合いにたどり着く。 彼は私の年上の従兄の同級生だった。

マイボートの話になり彼はもらったプラスチック製の 組み立てボートを持っているという。 空いているときなら使っていいよ とまで言ってくれた。 小さな手漕ぎボートだろうけど 沖の一文字に渡るくらいなら 丁度いいと思う。

お互いの家の場所と名前を交換したが 電話番号は交換していない。

そんなことで一時間以上はおしゃべりしていただろうか。 彼は喜んでエソを持って帰宅して行った。

風が弱まるのを期待していたが 逆に風は強くなるばかりでモチベーションが ガンガン低下してきた。 正午の鐘が鳴れば撤収することに決めた。

 

 

結局、その後はなんのアタリもなく 針についていたまだまだ元気な 鯵は海に放流して撤収した。

 

日時 10月 29日  土曜日

実釣時間  9時すぎから12時まで

場所  香川県 東部の小さな漁港

潮   大潮

天候  曇り 強風

月   昼間のみ

あたり回数 0回

釣果  0杯

大きさ

合計

エサ  活き鯵 約4匹

累計活鯵購入数 約87匹

2016年度累計重量   3.08kg

2016年累計  7杯