瀬戸流平です☆活きた鯵を泳がせてのアオリイカヤエン釣りの紹介と釣り日記です☆

アオリイカ釣り三昧 > 2017年度 > アオリイカヤエン釣り5回目

2017年度

アオリイカヤエン釣り5回目

 

9月から爆釣が続いているので集中して釣行したい。

前回の釣行から4日はさんでえーさんと釣行した。

今回はツ抜けはおろか20杯以上も視野に入れて餌の鯵は30匹購入して朝早くからでかけた。 なので竿出しは午前11時であった。

前日の大雨で濁りと風が気になっていたが今回の第一目的ポイントには誰もいなかったので即入ったのだが・・・これが裏目となろうとは・・・ やはり強風と濁りに悩まされることになった。



渚からのアオリイカヤエン釣りではこの波は大きすぎる。 打ち返す波の影響で道糸が砂利に埋もれてしまう。 前回師匠と来てそこそこ満足できる釣果だったので迷わず同じ場所にしたのだが。 もっと他の場所も見て回るべきだったと後悔した。

えーさんが左サイドの磯際に入りたいというので譲った。 そこは前回師匠が入ったポイントだ。 磯際なので根が多く根ガカリが多いので上級者向きだが・・・。 しかしアタリは多い。

えーさんはアタリも多いがバラシまくりで根ガカリも多い。 私は自分自身が前回入った全く同じポイントへ入ったが全くアタリがない。 前回いただいた二股式ヤエンと自作ヤエンを並べてひたすらアタリを待つがアタリがない。






餌を30匹も購入して20杯以上を狙った欲目が裏目に出たのか・・・ このままボーズに終わるのだろうか・・・ しかしこの濁りでもえーさんにはアタリがある。

そしてやっとボーズ逃れで釣れたのは釣り開始から3時間近く経とうとしていた時だった。

明確なアタリは竿にでなかった。 アタリはなくても時々様子を見ていたので竿で聞いてみてアオリイカが乗っているのがわかった。

約0.55kgのオスのアオリイカをゲット



その後、アタリの無い時間が続くばかり。

地元の釣り人が偵察にきた。 彼は一方的にしゃべり続ける。 こちらの話はほとんど聞かない。 おかげで釣り場の状況がかなり理解できた。 また、漁師に網を入れられたときの対処法なども教えてくれた。

お礼に自作ヤエンをプレゼントすると言ってみたが断られた。 やっぱり自分の自作ヤエン以外は使えないという。

今回は久しぶりに自作ヤエンをロストした。 というのも、ヤエンを入れるタイミング時の立つ位置が少し悪かった。 ヤエンを入れた途端に打ち寄せる波に飲み込まれてしまった。 そして運悪く砂利石に道糸が噛まれて道糸が切れた。

しかし、大潮でこれからどんどん潮が引いていくタイミングなので発光ライトを取り付けている自作ヤエンは見つかるだろうと思っていたがとうとう最後まで見つからなかった。 砂利の下に埋もれてしまったのだろう。

えーさんがヤエンをロストするのはほぼ毎回である。

この場所では水中に気持ち悪い虫はいないようだが陸上にいた。

見ないでください! 死んだ鯵に群がる気持ち悪い虫たち。



大分間隔が空いて小さいアオリイカをゲット。



もう一杯小さいアオリイカをゲットしてラストにきたのはまぁまぁのサイズ。 今日イチかなと思ったが帰宅後測定すると最初に釣ったのと同じ0.55kgだった。



えーさんは最初に自分で希望して入った磯際をあきらめ私の釣り座を通り越して渚の中央付近に移動した。

アタリはコンスタントにあったもののやはり根ガカリが多かったからだろう。

強風は地元の人が言ったように夕凪で一旦やんだがまた強くなってきた。 竿立てから竿が吹き飛ばされた。 竿立てごと倒れたことは何度もあるが竿だけ吹き飛ばされたのは初めてである。 自分の竿の置き方がいいかげんだったのかと思い念を入れて重量バランスを考えて置き直したがまた飛ばされた。 竿先を極端に下げて対応した。

また、えーさんとの道糸がらみと根ガカリが重なり自分自身が切れそうになった。 ストレス解消も兼ねて大好きな釣りをしているのに釣りでイライラしてストレスかかえるのは本末転生であると自分自身に言い聞かせて冷静になるよう自分自身に言い聞かせた。

21時過ぎまで粘ったが疲れたので納竿とした。 10時間以上強風の中で釣りをしたので老体には限界が近い。

30匹ずつ買った鯵はえーさんが10匹私が15匹残した。 根ガカリの多さもあるだろうがえーさんの方がアタリが多かった。 えーさんの釣果は3杯である。

月は満月の三日前でまぁまぁいい状態。 大潮が始まったばかりだが私は大潮は苦手である。 オマケに満潮前後を釣ったので干潮前後がよいと言われているアオリイカ釣りではあまりいい条件とは言えない。

私はえーさんや師匠の休みに合わせているので釣行日は選り好みは出来ない。

欲を出して多めの鯵で早目のスタートをしたが貧果に終わってしまった。

まぁ 二人ともボーズにならなかったのがせめてもの救いである。 いい釣果は3回連続は続かない。

今回の最大の過ちは場所選びだと思う。 竿出し前にもっと真剣に場所の下見をして廻るべきだった。 爆釣が続いているので釣り場難民になるのが怖くて空いていた場所に即入ったのがマチガイだったと反省している。

 

日時 10月 3日 火曜日

実釣時間 11時くらいから21時10分くらいまで

場所 徳島県 美波町

潮 大潮

天候 曇り 風強し

月 満月に近い月  あと三日で満月

アタリ回数 10回未満

釣果  4杯

大きさ 約 0.55  0.55  0.21  0.18 (単位 kg)

合計重量 約 1.49kg

エサ  活き鯵 30匹

累計活鯵購入数 210匹

2017年度累計重量  6.5〜7.5kgくらい

2017年累計  25〜26杯くらい